オンラインマニュアル

大容量ホスティングとインターネット接続がパックになったサービス。御社のインターネット戦略に最適なパートナーです。

オフィスパック・プラス
オンラインマニュアル

ホームページ

SSL とは

SSLと常時SSL

ウェブサイトへのログインや申込フォーム、ショッピングをする場面において、個人情報やパスワードといった重要な個人情報を安全に送信するための仕組みとして「SSL」という暗号化の手法が採られてきました。また、スマートフォンなどモバイル機器の普及にともない、自宅や会社以外でもWi-Fiを利用する機会が増えつつある中で、「ウェブサイト全体をHTTPS化(常時SSL)」し、サイト利用者すべての通信が暗号化されたセキュリティの高いウェブサイト構築の必要性が叫ばれています。

  • シナプスでは、セキュリティの観点からすでに使われなくなりつつある「SSL」ではなく、その後継であり、標準規格となっている「TLS 1.2」を提供します。また、「SSL/TLS」を総称して、広く「SSL」と呼称されることから、シナプスでも「SSL」と表記しています。

SSLの必要性とメリット

ウェブサイトをSSL化することの必要性と、それにより得られるメリットを紹介します。

セキュリティ
  • 通信の暗号化

    SSLは、ウェブサイトとスマートフォンやパソコン間の盗聴や改ざんを防ぐ仕組みです。SSL化されたウェブサイトでは、アドレスの先頭が「https://~」となり、通信が暗号化されることによりセキュリティを高めることができます。

  • 非SSLウェブサイトでの警告表示

    Googleは、日本国内でも大きなシェアを誇る同社のウェブブラウザ「Google Chrome」において、2018年7⽉リリース予定のバージョン68から、すべてのHTTPページ(非SSLのウェブサイト)へのアクセスに対して、「保護されていない通信」という警告を表⽰すると発表しました。

サイト分析
  • 検索順位の決定

    Googleは、「ウェブサイト全体がHTTPS(常時SSL)」か、どうかを検索順位の決定要因にすることを発表しています。また、すべてのウェブサイトに対してHTTPSへの切り替えを推奨しています。

  • どこから来たのか?

    リファラ(Referrer)という、「どこのホームページからリンクをたどって来たのか?」という情報があります。このリファラは、HTTPSページからHTTPページへ遷移してきた時は、取得することができない情報です。つまり、すでに常時SSL化されているGoogleやYahoo!の検索結果をクリックして、自社のウェブサイトへアクセスしてきたことをより正確に知るには、自社のウェブサイトも常時SSL化されている必要があります。

  • ウェブサイト内の行動分析

    アクセス解析において、自社サイト内のHTTPSページからHTTPページへまたがって遷移する場合は、Cookieが保存されず、別のユーザーとして記録されてしまいます。サイト内での⾏動を正しく分析して、サイトをより良いものへ成長させていくためには、HTTPSを維持したままサイト内を遷移できるようにリンクする必要があります。

「オンラインマニュアル」トップへ

ページ最上部へ

ページ最上部へ