オンラインマニュアル

大容量ホスティングとインターネット接続がパックになったサービス。御社のインターネット戦略に最適なパートナーです。

オフィスパック・プラス
オンラインマニュアル

ホームページ

PHPバージョンの提供ポリシー

PHPは、PHP開発元において概ね年1回新しいバージョンがリリースされ、それから2年間のバグやセキュリティの問題が修正される「アクティブサポート」期間があり、その後1年間、重要なセキュリティ問題のみが修正される「セキュリティサポート」期間があります。
PHPバージョンのサポート状況については、こちらをご確認ください。

シナプスでは、お客様に安全にサービスをご利用いただけるよう、以下のポリシーに従い、「新しいPHPバージョンの提供開始」および「サポート終了したPHPバージョンの提供終了」いたします。 また、本ポリシーにて提供するPHPバージョンは、お客様サービスカウンターより選択してご利用いただけます。

新しいPHPバージョンの提供開始

  • PHP開発元のリリース後、3ヶ月以内に提供を開始します。

サポート終了したPHPバージョンの提供終了

  • PHP開発元のサポート終了の3ヶ月前に、その次のPHPバージョンに自動的に変更します。お客様サービスカウンターにて元のバージョンに戻すことは可能です。
  • PHP開発元のサポート終了の1ヶ月前に、その次のPHPバージョンに自動的に変更します。この日以降は、元のバージョンに戻せなくなります。

PHPバージョンの提供開始・提供終了のスケジュールイメージ

ご利用中のPHPバージョンの確認方法

  1. お客様サービスカウンターの本サービスに関するお手続きの「ホームページ」をクリックしてください。
  2. 「各種確認」の「動作確認」をクリックしてください。
  3. 「FTPアカウント」「FTPパスワード」を入力すると、PHPバージョンを含む動作環境が表示されます。

PHPバージョンの変更方法

  1. お客様サービスカウンターの本サービスに関するお手続きの「ホームページ」をクリックしてください。
  2. 「PHPバージョン選択」の「設定」をクリックしてください。
  3. 「重要事項」をご確認いただき、「重要事項に同意した上で設定画面に進む」をクリックしてください。
  4. 「変更後のバージョン」にてご利用されたいPHPバージョンを選択し、「次へ」をクリックしてください。
  5. 「変更後のバージョン」を確認し、間違いなければ「決定」をクリックしてください。
  6. 変更のお手続きは完了となります。

FAQ

サポート終了したPHPバージョンの提供終了後も、そのバージョンの利用を継続したい。

申し訳ございません、提供終了したPHPバージョンの継続利用はできません。

提供終了したPHPバージョンはPHP開発元のサポートが終了するため、安全性を維持することができなくなります。安全にご利用いただくためのバージョンアップであるため、ご了承ください。

プログラム修正が間に合わないためバージョンアップを延期してほしい

申し訳ございません、バージョンアップの日程は変更できません。

自動バージョンアッ プ後も2ヶ月間は、元のバージョンに戻すことが可能ですので、2ヶ月の間に動作確認とプログラム修正をお願いいたします。

新しいバージョンでPHPプログラムが動かなくなった

申し訳ございません、シナプスではお客様で設置されたPHPプログラムはサポート範囲外となります。

FTPにてエラーログをご確認いただき、 エラーとなっている箇所の修正をお願いします。また、PHP開発元のサポート終了の1ヶ月前までは、お客様サービスカウンターより元のPHPバージョンに戻す事が可能ですので、そちらをお試しください。

WordPressが動かなくなった

申し訳ございません、シナプスではお客様で設置されたWordPressはサポート範囲外となります。

セキュリティ対策のため、WordPressの自動更新を有効にし、常に最新版へアップデートいただくようお願いします。また、PHP開発元のサポート終了の1ヶ月前までは、お客様サービスカウンターより元のPHPバージョンに戻す事が可能ですので、そちらをお試しください。

「オンラインマニュアル」トップへ

ページ最上部へ

ページ最上部へ